メールはseisyun_kankeriあっとマークyahoo.co.jpコチラまで。
by kankeripower
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


破壊力=スピード×体重×握力!!!




あぁ…、バスケしたいなぁ…。


今、ウチの大学、っていうか下関市立大学ね。

あ~あ、バラしちゃった。

低学歴がバレる。

まぁイイや。


んで、その下関市立大学の体育館が改装中やら建造中やらで使えんわけですよ。


なんでメチャメチャもんもん。

好きな時に好きなだけバスケやらしてくれるなら、

ちんちんも晒せるかもしれん。


それぐらいバスケ愛が強い男ですボクは。

部活に入る根性は無い。



前置きが長くなってスイマセン。


バスケよりは三度の飯が好き、たーじん。です。



なんか久々に更新しました。

何書こうかな。



そうそう。


夏休みに実家に帰った時に部屋の掃除、っていうかクローゼットとかの探索をや
ってみたんですがね。


いや、出てくる出てくる。

お宝が。



バトルえんぴつやら、一年生の時に買ったランドセルに付いてた、カバン君(♂7
歳)カバンちゃん(♀7歳)の筆箱やらが。


その中でもキラリと光ってボクの目に飛び込んできたのが、

一年生の時に書かされた『あのねノート』なるもの。


これウチだけなんかねぇ?


「せんせい あのね」

で始まる日記を強制的に書かされるノートのことだ。


これを見つけた時、ボクの心は踊った。

TRFぐらい踊った。



「ぐへへ、こりゃイイもん見つけたぜぃ。

他のブログ見てても、昔の日記とか最高のネタだしね。

これでしばらくの間ネタには困らんぜょ。

うひゃひゃひゃひゃ。」

である。



喜び勇んで早速見てみる。


***



せんせい あのね
ぼくは ごはんを たべました。
おいしかったです。



***



せんせい あのね
ぼくは よしひとくんと
あそんだ。
おもしろかったです。


***




さぁ、どうしようか。


全然おもしろいこと書いてないぞ、昔のボク。



もっと書けよ。

一言日記とかイジリずらい。



まだマシだったのが、

***



せんせい あのね
きょうは あめでした。
うれしかったです。



***


『うれしかったです。』

『おもしろかったです。』

『たのしかったです。』



以外の終わり方が出来ない事が予想される。


他の日記を見ても、全部この3つのどれかで終わってる。



どんだけポジティブなんだボクは。



ただイジリどころなんて、そんなもんでした。


そんな感じで、くだらないボクの幼少期でした。


ごめんなさい。



(投票)
[PR]
by kankeripower | 2006-12-05 16:27 | 日常
<< 船越英一郎はやっぱり格好イイ。 背中の傷は剣士の恥なので、かゆ... >>